【主なLCC(格安航空会社)】海外旅行の基礎知識

主なLCC(格安航空会社)

●日本

ピーチ・アビエーション
バニラエア
ジェットスター・ジャパン
エアアジア・ジャパン

●中国

春秋航空

●香港

香港エクスプレス航空

●台湾

タイガーエア台湾
ファーイースタン航空

●韓国

ジンエアー
エアプサン
チェジュ航空
ティーウェイ航空
イースター航空

●フィリピン

セブパシフィック航空
エアアジア・ゼスト

●タイ

タイ・エアアジア
タイ・スマイル
ノックエア
ノック・スクート
タイ・ライオン・エア

●マレーシア

エアアジア
マリンドエア

●インドネシア

ライオン・エア
インドネシア・エアアジア

●シンガポール

ジェットスター・アジア航空
タイガーエア
スクート
ノック・スクート

●ベトナム

ベトジェットエア
ジェットスター・パシフィック航空

●カンボジア

カンボジア・アンコール航空

●ミャンマー

ゴールデン・ミャンマー航空

●インド

エアアジア・インディア

●オーストラリア

ジェットスター航空
ヴァージン・オーストラリア

●アメリカ 

サウスウエスト航空
ジェットブルー航空
ヴァージン・アメリカ

●アラブ首長国連邦 

エアアラビア
フライドバイ

●イギリス

イージージェット
トムソン航空

●アイルランド

ライアンエアー

●ドイツ

ジャーマンウイングス

●ノルウェー

ノルウェジアン

●オランダ

トランサヴィア

●スペイン

ブエリング

●ハンガリー

ウィズエアー

●チェコ

スマートウイングス

●トルコ

ペガサス航空

LCC(格安航空会社)の登場で変わる海外旅行
LCC(格安航空会社)はなぜ安いのか?
LCC(格安航空会社)の遅延は当たり前の事と覚悟
LCC(格安航空会社)の予約、オプションは引き算で!
LCC(格安航空会社)でも安くはならない費用とは?
やはりLCC(格安航空会社)の客層は悪いのか?
片道航空券ならLCC(格安航空会社)で決まり!
LCC(格安航空会社)は受託手荷物の超過料金が激安
エアアジアの受託手荷物は25~30Kgがおすすめ
LCC(格安航空会社)利用、10万円で周遊可能なルート

海外旅行の基礎知識