【レジデンスタイプの宿の評価スコアが低くなる理由】海外旅行の基礎知識

レジデンスタイプの宿の評価スコアが低くなる理由

ここ数年、増えてきているのが
レジデンスタイプの宿泊施設です。

レジデンスと言ってもホテルとしても登録されているので、
agodaなどホテル予約サイトから予約することができます。

宿泊施設の紹介ページを見て気になる点があります。
それは評価スコアが思ったほど高くないという点です。
なぜ実際より低くなってしまうのでしょうか?

まず1つはレビューを投稿する人は
ごくごく限られた人ということです。
ホテル関係者によると300~500人に1人くらいらしいです。
必ずしもこのような割合というわけではなく、
この数字以下のホテルもかなり多いのではないかとのことです。

ここからが本題です。
評価スコアが低くなる理由、
それは宿泊客の期待値が高すぎたからです。

長期滞在者や短期滞在者では視点が全く違います。
特に短期滞在者にとっては満点ではない部分が
逆に長期滞在者は魅力的に感じたりします。

まず、立地です。
レジデンスは幹線道路から少しはずれた場所にある
ということが多いのですが、抜け道を使うことで
渋滞を回避することができたり、
騒音が軽減されるなどの利点があります。

次にロビーがそれほど広くないという点です。
長期滞在者にとっては豪華なロビーはあまり必要なく、
むしろカフェなんかの方が有難いと考える人が多いのです。
そしてエントランスからエレベーターまで近い。
これもまた重要なポイントとなります。

5つ星ホテルなんかは宿泊客以外も利用するので
広々とした開放感ある造りになっていますが、
レジデンスは利用客はほぼ滞在者だけです。

レビューを投稿している人の多くは
宿泊客以外も利用する5つ星ホテルのような内容を期待していて、
実際に泊まってみたら思ってた雰囲気とは違ったと感じて
評価を下げてしまうというわけです。

数か月とか数年利用している長期滞在者(住人)は
そういう点を理解した上で長期契約しているので、
短期滞在者と視点が違うのは当然なのです。

では、レジデンスタイプの宿泊施設はお得かどうかと言うと、
かなりお得感あると思います。
「過剰なサービスは不要で部屋だけ5つ星並みならそれで十分です」
という方にはかなりおすすめです。
特にマリオット、コンラッド、リッツカールトンの
レジデンスがおすすめ度が高いです。

海外旅行の基礎知識



海外ホテル予約サイト

最低価格保証
最大75%OFF!

海外の人気都市

東アジア

上海
北京
広州
深圳
珠海
香港
マカオ
台北
台中
台南
高雄
ソウル
釜山
済州島

東南アジア

シンガポール
バンコク
パタヤ
ホアヒン/チャアム
プーケット
サムイ島
ハジャイ
チェンマイ
ウドンターニー
クアラルンプール
ジョホールバル
マラッカ
ペナン
ランカウイ
コタキナバル
ジャカルタ
バリ島
スラバヤ
ジョグジャカルタ
バタム島
ホーチミン
ハノイ
ダナン
ニャチャン
フーコック島
プノンペン
シアヌークビル
ポイペト
バベット
ヴィエンチャン
ルアンパバーン
マニラ
アンヘレス/クラーク
セブ島

オセアニア

シドニー
メルボルン
アデレード
ゴールドコースト
ブリスベン
ケアンズ
パース
オークランド
クライストチャーチ
クイーンズタウン

北米

ニューヨーク
ロサンゼルス
サンフランシスコ
ラスベガス
ハワイ・オアフ島
バンクーバー
ビクトリア
トロント
ナイアガラフォールズ
モントリオールのホテル

ヨーロッパ

ロンドン
マンチェスター
グラスゴー
エディンバラ
パリ
ミラノ
ローマ
ヴェネツィア
マドリード
バルセロナ
イビサ島
バレンシア
アムステルダム
ロッテルダム
フランクフルト
ベルリン
ハンブルク

中東

ドバイ
アブダビ
ドーハ

アフリカ

カイロ
マラケシュ
カサブランカ
ヨハネスブルク
ケープタウン

カテゴリー

月別アーカイブ

海外旅行予約サイト

Rakuten