【ホテル選び、ハズレを回避するための知識】海外旅行の基礎知識

ホテル選び、ハズレを回避するための知識

日本でも格安航空会社(LCC)の路線網が
国充実してきて以前と比べて
海外旅行しやすくなりました。

格安航空会社(LCC)を利用する人の大半が
個人旅行で、もちろん宿泊先も
自分で選ぶというスタイルです。

良かったと評価されているホテルでも
評価するポイントは人それぞれです。

悪かったホテルの場合は
ある程度共通点があります。
マイナス点や不安な点を知っておけば、
ある程度ハズレを回避できると思います。
(これは許容範囲という項目もあるかもしれません)

●インターネット接続

やはり主流はWi-Fiですが、
電波の良し悪しなど当たり外れがあります。
有料で電波が悪かったら最悪ですね。
有線LANにも対応したホテルだったら
ルーターを接続して使うこともできるので、
ホテルで使えるルーターの購入をおすすめします。
ノートPCの方は有線LANのほうがありがたいですね。
ホテルでのインターネット利用は
有料ところもありますが、これは逆にプラスです。
利用を諦める人が多くなるので
回線が余裕いっぱいになって快適になる場合が多いです。

●コンセントが少ない

1つしかないホテルもあります。
変圧器内臓の2Aのアダプターを利用し、
USBケーブルを接続して2台同時に
充電するのがおすすめです。

●部屋に窓がないタイプ

特に多いのが長屋(タウンハウス)スタイルの建物です。
限られたスペースに多くの部屋を作ろうとすると
どうしても窓のない部屋が出来てしまいます。

●ゴキブリが出るタイプ

長屋(タウンハウス)スタイルの建物ではよく出ます。
飲食店などがあるというのも関係しています。
低層階がショッピングモールになってるタイプは
かなり怪しいです。特にショッピングモール部分の
いちばん上の階にフードコートがある場合です。

●騒音が気になるホテル

これは色んなタイプがあります。
壁が薄いホテルはかなり多いです。
叩いてみて安っぽい音がします。

大通りに面してるホテルもうるさいです。
高級ホテルは割と防音がしっかりしているのですが、
4つ星ホテル以下はあまり力を入れてません。
地図を見て通りに面してない部屋をリクエストしましょう。
(例)プール側の部屋を希望

中国人の団体客が多いホテルもうるさいです。
ですが、朝食を食べて出かけてしまったら静かになります。
しかし、こんどは掃除のおばちゃんが立て続けに
同じフロアの部屋の掃除をはじめるので・・・

最も困るタイプが吹き抜けタイプです。
騒いでるグループがいると
音がダイレクトに伝わってきます。
ホテルによってはリノベーションする時も
閉館せずに営業している所もあります。
にもかかわらず宿泊料金の割引なし。
ホテル側も強気です。

●バス・トイレの壁が透け透けのガラス張り

狭い部屋を広く見せる方法がいくつかあります。
まずは撮影する時、斜めから撮影する方法です。
広く見えるのかもしれませんが狭いです。
印象を変えよと思っても現実は変わりません。

そしてもう1つの方法はバス・トイレの壁を
コンクリートではなくガラス張りにする方法です。
建築士も施工業者も強く推しているようです。
(本当はコスト削減が目的!?)
こちらもいくら広く見せようが、狭いのは事実です。
印象を変えよと思っても現実は変わりません。

このようなホテル、友達に勧められますか?
仲良しの友達が旅行でこのようなホテルに泊まったら
気まずくて仕方ないでしょう。
知らずに勧めてる旅行会社も多いと思いますが・・・
気まずい雰囲気で旅行を続けていただくか、
この際、はじけて開放的な性格に変わってもらうか・・・

海外旅行の基礎知識