【チェックアウトの時間は必ず守らなければいけないのか?】海外旅行の基礎知識

チェックアウトの時間は必ず守らなければいけないのか?

日本のビジネスホテルでは
大半が午前10時チェックアウトです。

9時58分くらいに部屋を出ると
他の部屋のドアは全部開いていて、
清掃係が待機・・・という状況。
何て言うか強烈な無言のプレッシャーですよね。

海外の場合は12時チェックアウトが大半で、
たまに11時のところがある程度です。

日本人の感覚だとチェックアウト時刻を過ぎたら
超過料金を請求されるかもしれないと
思ってしまいそうですが、
必ずしもそういうわけではありません。

12時ギリギリに部屋を出る人もいますし、
チェックアウトする人が一斉にフロントへ行くため
エレベーターが各階に停車して
10分くらいかかってしまう場合もあります。
ホテル側はそれも想定しているので
12時10分くらいでも何も言われません。
12時15分くらいだと怪しいです。
とは言っても「もう1泊するんですか?」
と確認される程度です。
「すみません、すぐにチェックアウトします」
と伝えれば特に問題ありません。
チェックイン時に超過料金等、
規約に同意されられた場合は仕方ありません。

50室規模のホテルの場合は
超過料金を請求したりしますが、
割安に設定されています。
そのようなホテルは逆に安心して過ごせます。
雨が降ってる時なんかは有効活用したいくらいです。

中・大型ホテルでチェックアウトが遅れそうな場合は
とりあえず12時前に「これからチェックアウトします」
と連絡を入れておけばほとんど問題ありません。
意思表示を心がけることが重要です。

海外旅行の基礎知識



海外ホテル予約サイト

最低価格保証
最大75%OFF!

海外の人気都市

東アジア

上海
北京
広州
深圳
珠海
香港
マカオ
台北
台中
台南
高雄
ソウル
釜山
済州島

東南アジア

シンガポール
バンコク
パタヤ
ホアヒン/チャアム
プーケット
サムイ島
ハジャイ
チェンマイ
ウドンターニー
クアラルンプール
ジョホールバル
マラッカ
ペナン
ランカウイ
コタキナバル
ジャカルタ
バリ島
スラバヤ
ジョグジャカルタ
バタム島
ホーチミン
ハノイ
ダナン
ニャチャン
フーコック島
プノンペン
シアヌークビル
ポイペト
バベット
ヴィエンチャン
ルアンパバーン
マニラ
アンヘレス/クラーク
セブ島

オセアニア

シドニー
メルボルン
アデレード
ゴールドコースト
ブリスベン
ケアンズ
パース
オークランド
クライストチャーチ
クイーンズタウン

北米

ニューヨーク
ロサンゼルス
サンフランシスコ
ラスベガス
ハワイ・オアフ島
バンクーバー
ビクトリア
トロント
ナイアガラフォールズ
モントリオールのホテル

ヨーロッパ

ロンドン
マンチェスター
グラスゴー
エディンバラ
パリ
ミラノ
ローマ
ヴェネツィア
マドリード
バルセロナ
イビサ島
バレンシア
アムステルダム
ロッテルダム
フランクフルト
ベルリン
ハンブルク

中東

ドバイ
アブダビ
ドーハ

アフリカ

カイロ
マラケシュ
カサブランカ
ヨハネスブルク
ケープタウン

カテゴリー

月別アーカイブ

海外旅行予約サイト

Rakuten