【ホテルのアーリーチェックインとレイトチェックアウト】海外旅行の基礎知識

ホテルのアーリーチェックインとレイトチェックアウト

世界中のホテルでほぼ共通しているのが
チェックインとチェックアウトの時間です。
チェックインは通常15時、チェックアウトは12時
これがホテルの世界標準となっています。

しかし、空港周辺のホテルや
海外からの観光客が多いホテルでは
通常より早くチェックインできる
アーリーチェックインができるホテルもあります。

早朝に到着してチェックインまでの間、
何時間も待たされたりするのは辛いですよね。
少しでも早くチェックインして、
シャワーを浴びたりベッドで横になったりして、
疲れを取ってから観光とかショッピングに行きたいですね。

アーリーチェックインとは言ってもいろんな形態があります。
「空室があるので朝早くても追加料金はけっこうです」
と言ってくれる良心的なホテルもあれば
「チェックインできますが1泊分いただきます」
というところもあります。
「アーリーチェックインは正規料金の50%で可能です」
という中間をとっているホテルもあります。

アーリーチェックインで1泊分の料金を取るホテルは
トータルで2組・2泊なのに3泊分の料金を取ってたりします。
こういう部分からもホテルの企業体質を見ることができます。

また、レイトチェックアウトという
サービスを提供しているホテルもあります。
「通常チェックアウトは12時ですが、17時でOKです」
といった感じのサービスです。

夜の便で帰国する場合、ホテルチェックアウト後、
荷物をどうしようか困ることもありますし、
空港へ行く前にショッピングに行って、
スーツケースを広げて整理したかったりしますよね。
そんな時、17時チェックアウトだと助かりますね。

海外でもホテルの清掃係が17時とか18時に
仕事を終えて帰宅するのが普通なので、
レイトチェックアウトが可能だったりするのです。
特にツアーの利用客が多いホテルでは、
個人客とは違い、チェックインする時間と
チェックアウトする時間が事前に報告されているので、
ホテル側としても部屋を有効に使うことが可能になります。

海外のホテルでは清掃係にも早番と遅番があって、
夜11時に部屋を清掃している場面を見かけることもあります。
そのようなホテルはシステムがしっかりしているので、
アーリーチェックインとレイトチェックアウトのシステムを
上手く利用できるのではないかと思います。
海外旅行ツアーでもオプションで
アーリーチェックイン対応の物もあるので、
上手く利用して快適に旅行していただければと思います。

海外旅行の基礎知識



海外ホテル予約サイト

最低価格保証
最大75%OFF!

海外の人気都市

東アジア

上海
北京
広州
深圳
珠海
香港
マカオ
台北
台中
台南
高雄
ソウル
釜山
済州島

東南アジア

シンガポール
バンコク
パタヤ
ホアヒン/チャアム
プーケット
サムイ島
ハジャイ
チェンマイ
ウドンターニー
クアラルンプール
ジョホールバル
マラッカ
ペナン
ランカウイ
コタキナバル
ジャカルタ
バリ島
スラバヤ
ジョグジャカルタ
バタム島
ホーチミン
ハノイ
ダナン
ニャチャン
フーコック島
プノンペン
シアヌークビル
ポイペト
バベット
ヴィエンチャン
ルアンパバーン
マニラ
アンヘレス/クラーク
セブ島

オセアニア

シドニー
メルボルン
アデレード
ゴールドコースト
ブリスベン
ケアンズ
パース
オークランド
クライストチャーチ
クイーンズタウン

北米

ニューヨーク
ロサンゼルス
サンフランシスコ
ラスベガス
ハワイ・オアフ島
バンクーバー
ビクトリア
トロント
ナイアガラフォールズ
モントリオールのホテル

ヨーロッパ

ロンドン
マンチェスター
グラスゴー
エディンバラ
パリ
ミラノ
ローマ
ヴェネツィア
マドリード
バルセロナ
イビサ島
バレンシア
アムステルダム
ロッテルダム
フランクフルト
ベルリン
ハンブルク

中東

ドバイ
アブダビ
ドーハ

アフリカ

カイロ
マラケシュ
カサブランカ
ヨハネスブルク
ケープタウン

カテゴリー

月別アーカイブ

海外旅行予約サイト

Rakuten