【海外でのスマートフォンの使用】海外旅行の基礎知識

海外でのスマートフォンの使用

日本で契約したスマートフォンを
海外で使用すると料金体系が変わり、
かなり割高になってしまいます。

海外でも日本にいる時と同じように
ゲームをしたり動画を見ていて
高額請求されたという話も少なくありません。

このような悲惨な結果を避けるには
どうすれば良いでしょうか?

①現地でSIMカードを購入する
②海外で使えるWi-Fiルーターをレンタルする
③スマホを使用せずアナログ人間になる

最もおすすめなのが①の
「現地でSIMカードを購入する」です。
日本の通信会社で購入したスマホは
基本的にSIMロックがかかっているため、
海外のSIMカードは使用できません。

しかし、通信業界の状況が変わり、
2015年5月以降に購入したスマホは
契約後6ヶ月以上経過しているとか、
解約済みの場合は解約後3ヶ月以内など、
条件付きでSIMロック解除が可能となりました。

2015年5月以前に購入したスマホですが、
海外にはSIMロックを解除してくれる業者など
利用すればSIMロックの解除は可能です。

最近、大手通信会社の空いてる回線を借りて
サービスを提供する格安SIMの会社が増えてきました。
販売しているスマホはほとんどがSIMフリーで、
そのまま海外のSIMカードを使うことも可能です。

SIMフリーのスマホは安くていいのですが、
安すぎる端末だとGPSの誤差が大きくなるなど
問題点がいくつかありますが。

現在使用されている機種の
SIMロック解除については
NTTドコモ、au、ソフトバンク、
Yモバイルなど各ショップに
お問い合わせください。

海外旅行の基礎知識



海外ホテル予約サイト

最低価格保証
最大75%OFF!

海外の人気都市

東アジア

上海
北京
広州
深圳
珠海
香港
マカオ
台北
台中
台南
高雄
ソウル
釜山
済州島

東南アジア

シンガポール
バンコク
パタヤ
ホアヒン/チャアム
プーケット
サムイ島
ハジャイ
チェンマイ
ウドンターニー
クアラルンプール
ジョホールバル
マラッカ
ペナン
ランカウイ
コタキナバル
ジャカルタ
バリ島
スラバヤ
ジョグジャカルタ
バタム島
ホーチミン
ハノイ
ダナン
ニャチャン
フーコック島
プノンペン
シアヌークビル
ポイペト
バベット
ヴィエンチャン
ルアンパバーン
マニラ
アンヘレス/クラーク
セブ島

オセアニア

シドニー
メルボルン
アデレード
ゴールドコースト
ブリスベン
ケアンズ
パース
オークランド
クライストチャーチ
クイーンズタウン

北米

ニューヨーク
ロサンゼルス
サンフランシスコ
ラスベガス
ハワイ・オアフ島
バンクーバー
ビクトリア
トロント
ナイアガラフォールズ
モントリオールのホテル

ヨーロッパ

ロンドン
マンチェスター
グラスゴー
エディンバラ
パリ
ミラノ
ローマ
ヴェネツィア
マドリード
バルセロナ
イビサ島
バレンシア
アムステルダム
ロッテルダム
フランクフルト
ベルリン
ハンブルク

中東

ドバイ
アブダビ
ドーハ

アフリカ

カイロ
マラケシュ
カサブランカ
ヨハネスブルク
ケープタウン

カテゴリー

月別アーカイブ

海外旅行予約サイト

Rakuten