シンガポールの地下鉄(MRT)

シンガポールの地下鉄(MRT)

国:シンガポール

North Sourth Line
南北線

シンガポールの地下鉄(MRT)

East West Line
東西線

シンガポールの地下鉄(MRT)

North East Line
北東線

シンガポールの地下鉄(MRT)

Circle Line
サークル線

シンガポールの地下鉄(MRT)

Downtown Line
ダウンタウン線

シンガポールの地下鉄(MRT)

●シンガポールのMRT(地下鉄)は実はカンタン

シンガポールで行動する際、
MRTが大活躍します。

MRTとか地下鉄とか使われる表現は
その時によって使いやすい方を使いますが、
言ってることは同じです。

市街地は地下を走行し、
郊外では高架線を走行する。
地下鉄千代田線や
名古屋市営地下鉄+名鉄を
イメージしていただくと
非常にわかりやすいかと思います。

シンガポールのMRT(地下鉄)ですが、
元々の路線を見ると非常にわかりやすいです。

開業当時の路線図はこんな感じでした。

シンガポールの地下鉄(MRT)

その後、西側のジュロンイースト(B1)で
枝分かれした路線が、
赤と黄色の路線と繋がり、
現在の南北線となりました。

シンガポールの地下鉄(MRT)

そして東側のタナメラ駅(E9)に
支線が出来てチャンギ空港と結ばれ、
東西線の主な形が出来ました。

シンガポールの地下鉄(MRT)

大きく変わり始めたのは2003年、
北東線が開通しました。
これによりリトルインディア、
チャイナタウン、ハーバーフロントへの
アクセスが向上しました。

シンガポールの地下鉄(MRT)

2003年時点の路線図です

シンガポールの地下鉄(MRT)

2009年にはサークル線(環状線)が開通し、
2011年にプロムナード駅と
マリーナベイ駅を結ぶ支線が開通しました。
(マリーナベイサンズ開業に合わせて)

シンガポールの地下鉄(MRT)

2011年時点の路線図

シンガポールの地下鉄(MRT)

2013年12月にはダウンタウン線の
ブギス~チャイナタウン間が開通しました。

シンガポールの地下鉄(MRT)

この開通によりマリーナベイサンズや
リッツカールトン、コンラッドへの
アクセスが向上しました。

2013年12月時点の路線図

シンガポールの地下鉄(MRT)

ダウンタウン線は2015年12月に延伸区間が開通し、
ブギスからリトルインディア、
ニュートン、ボタニックガーデン(植物園)へ
乗り換えなしで行けるようになりました。

2015年12月時点の路線図です。

シンガポールの地下鉄(MRT)

ダウンタウン線は2017年10月に3期工事分
チャイナタウン~エクスポ間が開通しました。
(東西線とほぼ並行)

2017年10月時点の路線図

シンガポールの地下鉄(MRT)

現在はかなり路線が多いように見えますが、
元々あった南北線と東西線+徒歩で
観光スポット・商業地の7割くらいをカバーしています。

シンガポールの地下鉄(MRT)

シンガポールの地下鉄(MRT)

というわけで、この基本の2路線を
抑えていただければ大丈夫です。

ホテル選びに関しては
駅に近いというだけではダメで、
どの路線なのかが重要になります。

複数の路線を利用できる駅、
その周辺のホテルが
立地面でおすすめできるホテルです。

★最低価格保証★シンガポールのホテルの検索はこちら!